一言でマーケティングといっても、手法はそれぞれです。これはマーケティングのやり方によって、集めたいターゲットやコンテンツが変わってくるためです。

昔ながらのマーケティングとして代表的な方法は、街角で行うアンケートやインタビューなどです。古くは葉書による調査なども行われていました。

しかしインターネットが普及したことによって、近年のマーケティングは、インターネットを中心に行われています。インターネットを利用したアンケート調査と言うのも数多くありますが、これよりももっと手軽にできる方法として、利用者の履歴を負ったマーケティングもあります。インターネット広告などで、最近買った商品などに関連するものが表示されているのも、インターネットを利用した人の履歴をマーケティングした結果から表されています。

従来の方法ではマーケティングをしてから反映するまでに時間がかかりましたが、インターネットが普及をしたことによって、即座にマーケティングの結果を利用者に還元することができるようになってきています。